JXU's Blog

音楽、無線、旅行その他の一言を‥

Raspberry pi2ケースが届きました(^_^)

eBayで購入したケースが届きました。私は1000JPY程度で購入なのですが、円高進むともっと安くなりますね。

今回は購入したケースのレビューです。

 

まずは外観です

f:id:mnb9:20180224135642j:image

 

f:id:mnb9:20180224135730j:image

 

ガンメタケースでしっかりと作られています。

以前、樹脂製のケースを使っていたのですが、半年程度で壊れてきまいました。

 

こちらは内部の状態です

f:id:mnb9:20180224135826j:image

内側の出っ張り、最初は何なのか理解できませんでした。

 

収めると‥ 

f:id:mnb9:20180224135921j:image

出っ張りは熱をケースに逃がす接触面でした。

このケースに入れるまではヒートシンクを両面に合計3個取り付けていたのですが、入らないので外してradpberry pi zero wに移植しました。

 

f:id:mnb9:20180224140104j:image

f:id:mnb9:20180224140120j:image

 

このようになります。

f:id:mnb9:20180224140236j:image

 

綺麗に収まり、底面部からビスでケースを固定させます。

 

移植したヒートシンクですが、こんな感じです。スイッチサイエンスで買ったZERO Wケース付きに使用しています。

f:id:mnb9:20180224140548j:image

こちらはSDR受信機専用のZEROです。

寒いので雪が無くなり次第外で運用させます。リードオンリー化やSWAP無効などは対応済みです(^_^)

 

古いraspberry pi2ですが、CPUクロックをパフォーマンス設定に固定し、そこそこ快適に使えています。

楽しみが増えました!

raspberry pi zero wのリードオンリー化

 この度、Raspberry pi zero wの購入は、無線運用が難しいので受信専用にシステムを

構築する為に購入しました。

 以前から使っているRaspberry pi2はそのまま実験用に手元に置こうと思っています。

 なお、pi zero wは外の鋼管柱に取り付け、Wi-Fiで受信することを目的としています。

 

 ここで問題になりますのが電源が切れた時にシステムが壊れてしまうことです。

 Raspbianも結構バージョンアップが早く、古い情報ではリードオンリー化できないの

で、最新情報を探すのに苦労しましたが、やっと実用となるサイトが見つかりました。

 

 こちらの

flogics.com

 のサイトになります。

 最新?のstretchでうまくリードオンリー化できました!

 

 あとは未来工業のボックスに収めソーラーパネルを取り付けて、外で受信できるようにしたいです。 北国は降雪真っ盛り、もう数カ月後に設置したいとおもいます。

 

 本当は自宅で無線運用がしたいのですが、色々な事情でそこまでは無理と判断しました。 寂しいけど、家ではMacで受信だけ楽しみたいと思います。

 

f:id:mnb9:20180218211913p:plain

 

 

久々のraspberry pi zero

久々にraspberry pi zeroと言ってもwモデルを購入しました。

以前、海外から買って使っていましたが、用途などを決め兼ね一度手放していました。

この度はWi-Fi付きのモデルをケース付きで購入し、RTL-SDRラジオサーバとするのが目的です。

f:id:mnb9:20180216012133j:image

こんな感じです。

本体、ケース、HDMIとUSB変換が付いて2,800円位と思いました。

これに海外から購入したUSBドングルを繋いでラジオサーバとさせます。

 

Mac本体に繋いだり、raspberry pi2に接続して受信していた事もあるのですが、その時はテストとして動かしていた程度なのです。

 

無線の運用を再開して家にアンテナを建てよう!と思っていたのですが、ケーブルの取り回しや実運用の頻度を改めて考えたところ、自宅では受信のみで良しと決めてのシステム構築です。

 

raspbianが昨年からバージョンアップされてサーバー化の方法も若干変わったみたいですが、何とか新しいOSで組んでみたいと思っています。

日本語サイトでは情報がほぼ無いのですが、海外サイトではそこそこヒットしますので、何となく読んでトライしてみようと思っています。

 

ベースとしてのOSは準備したので、SDメモリ保護などswapファイルを止めるとか、ログを残さないなどの処置は終わらせておきました。

 

良くラジオも聴いていますので、自宅でのラジオ遊びとLinuxいじりと、一石二鳥状態でたのしみます。

 

構築時はこちらにコマンド類などアップしたいと思います。

 

作業止めてるループアンテナ、そろそろ工作を始めなきゃ💦

インフルエンザ?

ここ最近体調が良く悪く大人しくしていましたが、インフルエンザだったのかな?

一応検査したのですが陰性でありましたので、なんとか会社には出て仕事はしていました。

 

また、英検準二級は残念ながら不合格、次に受ける事を考える前にもう少し力を付けてからと考えて反省中です。

 

LCメータキット、中国が旧正月でお休みなので売手からの返事はありません。

返金求めているけど、どうなるやら〜

 

初めから秋月の高いの買っておけば良かったかな、と後悔しているけどきっと次も安いの探して購入しそうな自分です。

 

もう少し体調よくなったら工作に着手します。

 

寒いので皆様ご自愛くださいませ(^_^;)

 

LCメーターその後

LCメーターですが、その後販売者と英文メールをやり取りしています💦

なかなか正しい文章なのか気がかりではありますが、とりあえず意思を示すため頑張ってます。

f:id:mnb9:20180203184628j:image

 

f:id:mnb9:20180203184643j:image

 

セラミックコンデンサはダメですが、ケミコンは何故か計測してくれます。

コイルもダメですね。

 

返金要求していますが、どうなることやら‥

eBayの力で返金してくれるかなぁ

LCメータが届きました

やっとLCメーターが届きました。

早速測定をしてみたので、結果をお知らせいたします。

 

f:id:mnb9:20180125235749j:image

まずはこちらの22pFから

 

f:id:mnb9:20180125235814j:image

秋月の計測機では24pFとなりました。

 

f:id:mnb9:20180125235848j:image

こちらではカウントせず😭

 

f:id:mnb9:20180125235933j:image

暗くて見えにくいですが、測定範囲外でした(^_^;)

 

f:id:mnb9:20180126000038j:image

ケミコン、1μFは0.96μFであり、なぜか計測できました。

 

f:id:mnb9:20180126000154j:image

こちらは0.89μFです。

 

f:id:mnb9:20180126000230j:image

暗くて読みにくいのですが、まぁまぁ良い数値です。

 

購入したLC100-Aですが、故障なのが使い方が悪いのか不明ですが、電解コンデンサのみ測定できる状態ですね。

 

インダクタンスを知りたくて購入しましたが、全くカウントしないので、何か壊れているのかな。

念のため、eBay経由で故障内容を英文で送り、返事を待つこととしました。

続く‥

ツェップアンテナ完成!

本日、ツェップアンテナを完成させました。

特性はよくないのですが、まずは試験的に作った事もあり完成とさせました。

 

当初目的としてしていた周波数は21MHz帯でありましたが、なぜか14MHz付近で

マッチングしたため、この際14MHzに合わせられるようコイルを2回ほどカットしています。

確かコイルは17T密巻きで約0.004mH、VP13に巻き付けました。

 

コンデンサは耐圧3kV 15pFです。

ここで約0.004mHとした理由は、秋月電子で購入していたLCメータなのですが、必要としている細かな所まで計測ができませんでした。

よって目安としています。

 

eBayで注文したLCメータが届いたら、今以上に細かく計測できるので、届き

ましたら測定器のレポートもしたいです。

 

これは前回測定時からバラした状態です。

f:id:mnb9:20180110160727j:plain

 

コイルの状態です。 約5μHになっています。

f:id:mnb9:20180110160801j:plain

 

コイルを巻きなおして一度計測してみます。

f:id:mnb9:20180110160918j:plain

 

う〜ん、計算どおりには事は進まないですね、少しコイルを解かなきゃ。

f:id:mnb9:20180110161058j:plain

 

同軸の長さも特に気にしていませんが、測定した結果はこのとおりです。

f:id:mnb9:20180110161315j:plain

14.27MHzと上の方にマッチングしています。

 

少しケーブルを動かしたりして再測定してみました。

f:id:mnb9:20180110161755j:plain

14.35MHzにマッチングしました。

 

とりあえず試作でもあるので、これで良しとして完成という事にしました。

 

まだ塩ビ管の接着とM-Rコネクタのビス留めがありますが、まぁいいでしょう。

 

部材が余っているので、ツェップアンテナは21MHz用も作りたいと思っています。

 

計数を事前計算して製作し、アンテナアナライザで測定するとホント簡単にアンテナ

が作れますね。 感動しちゃいました!