JXU's Blog

音楽、無線、旅行その他の一言を‥

英検その後‥

先月受検しました英検3級なのですが、そこそこの高得点で合格できましたf^_^;

一次は合格+G10で、二次は合格+G3でありました。

準2級にも届く配点だったので、気を良くして1月の準2級を受ける事としています。

 

検定合格ご目標ではありませんが、日常会話をできるよう勉強している証として検定をうけています。

 

アラフィフですが、まだまだ頑張ります(笑)

アンテナアナライザ製作(2)

前回に続きアンテナアナライザの部品取り付けを行いました。

オリジナル基盤を頂いているので、間違いないよう確認しながら部品を取り付けました。

老眼が進んでいるためコンデンサの文字も読みにくく、スムーズにハンダ付けが進められないのが難点ですね(笑)

全てのパーツを取り付けていませんが、先ずは仮組みしてみました。

 

f:id:mnb9:20171204204833j:image

こんな感じです。

 

液晶を取り付けると、この様になります。

f:id:mnb9:20171204205029j:image

保護用にシールが貼られています。

 

あとは通電で起動するはずなのですが、電源を入れる前に最終確認してからテストしたいと思います。

 

起動した時、またこちらに動作状況をアップしたいと思います。

アンテナアナライザ製作(1)

mcHFトランシーバでお世話になったOMより、アンテナアナライザキットの基盤、部品、その他沢山のパーツを譲り受けました。

無線機は完成したものの、アンテナも自作するため試行錯誤していたところ、ご好意によりアンテナアナライザ導入のお話を頂きました。

 

市販品はネットで見ていましたが、私には手の届くものでも無く、SWR計と勘を頼りにエレメントカットするも上手くいきませんでした。

 

今回はアンテナアナライザキットを作り、製作途中の7MHzループアンテナの製作、FMラジオの製作などに活用したいと考えています。

 

f:id:mnb9:20171201232140j:image

こちらは頂いた部品、基盤などです。

 

f:id:mnb9:20171201232352j:image

抵抗、BNCコネクタなどを取り付けました。

 

 

コンデンサ等手持ちを確認していなかったので、今夜はここまでとします。

 

早く完成させて、ワクワクしたいです📡

mcHF QRP Transceiver製作(44)

久し振りにmcHFトランシーバの関係をアップします。

 

以前、ファームウェアの書換えが出来ないとアップしていましたが、やっとの思いで

その環境を構築しました。

簡単ではありますが、参考情報としてアップ致します。

なお、今現在mcHFトランシーバは新しいものバージョンを考えられているのか、V0.6

以降ではキット販売されていませんね。

中国で類似品の完成品が発売されていますので、それらのファームを書き換えて使用されている方も多いようですので、何かの参考になればと思います。

 

まずは環境を構築します。

主に参考としたのは既にファームウェアを日本仕様に書き換えて使われているOMからの情報と、ネット上のEclipseに関する記述です。 Qiitaやその他のマイコン開発されている方の情報を使わせてもらいました。

 

私の環境は

Apple MacBook Pro Retina 13inch,Mid2014

2.6GHz Core i5,8GB RAM,256GB SSD

以上のマシンに開発環境(ファームウェア書換え&ビルド環境)を作ります。

 

No.1  Eclpseのダウンロードなど

  Eclipse 日本語化 | MergeDoc Project

  詳細を理解していませんが、上記サイトから"Pleiades All in one"をダウンロードし

 ます。

f:id:mnb9:20171119162532p:plain

  オレンジ色で囲んだ"Eclipse 4.7 Oxygen"をクリックします。

 

f:id:mnb9:20171119162751p:plain

  つぎは"C/C++ Mac 64bit Full Edition"をクリックしてダウンロードします。

 

  ダウンロード、展開、展開したパッケージをアプリケーションフォルダにコピーは

 説明を割愛します。

 

No.2  Eclipseプラグインの追加

  ここからはEclipseを起動して対応します。

  起動すると

  

f:id:mnb9:20171119163407p:plain

  そのまま”起動”をクリックします。

 

f:id:mnb9:20171119163539p:plain

  「ファイル」ー「インポート」を選び、次へ進みます。

 

f:id:mnb9:20171119163614p:plain

  上記の「既存プロジェクトをワークスペースへ」を選択して進みます。

 

続きは改めて‥

 

スマホ改造!

私はずっとiPhoneを使用していますが、子供には安価なアンドロイド端末でガマンして

もらっています。

ただ、安い端末の為か内蔵ストレージ容量が4GBと極貧で、直ぐにいっぱいになってしまいます。

いろいろと調べると、SDメモリを内蔵ストレージとして 使える方法があり試してみました。

 

最初に試したのはadb shellを使えるようにする為の環境つくりです。

 

MacbookProで環境を作れず、致し方なく子供のパソコンをUbuntuからWindowsに環境を変えて構築!と思いきや、やはりNGでした。

 

ネットで調べ続けると、adbコマンドが使える環境が簡単に出来る事を紹介されているサイトを確認しました。

 

サイトは忘れたのですが、以下のサイトからバージョン1.4.2をダウンロードし、SDカードの内部ストレージ化を行いました。

 

https://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=2588979

こちらのプログラムを走らせ、基本的にはYesで進みます。

あとはその他サイトにも紹介されているよう、デバッグモードをオンにし、USB接続

してからコマンドを打ち、そのまま進めていきます。

 

凄く簡単でして、今までの苦労は何だったんだろうと感じましたね。

 

改造機はsoftbank DIGNO F に16GB SDを挿入して行ないました。

 

オリジナルは4GBしか使えませんが、これでアプリを追加でダウンロードしても大丈夫です!

面接試験が終わりました(^_^)

英検の面接試験が終わりました。

 

ブログに載せるのも恥ずかしい3級受検ではありますが、一次は良かったものの面接試験はちょっと‥

 

試験官と対面で英語での会話って、なんだか恥ずかしいやら緊張でボロボロでした。

 

結果は11/20ですが、次に向けて頑張りたいと改めて感じた試験でありました。

 

試験も終わったので、この後少しは工作に時間を費やす予定です。

 

ラジオ、アンテナアナライザと作らないとね!

f:id:mnb9:20171112141622j:image

FMラジオ製作中(2)

今はラジオ製作に時間を使っています。

アマ無線はアンテナアナライザを手元に用意してから再開ですね。

 

さて、以前ラジオは何となく音が聞こえた感がありしたが、気のせいだったのかなぁ

今日はブレッドボードに組んで見ました。

f:id:mnb9:20171029132125j:image

 

f:id:mnb9:20171029132142j:image

 

最新の情報はと言うと‥

f:id:mnb9:20171029132348j:image

どうしても写真が回転しなく、縦で撮影です(笑)

 

念のためSi4875-A10も取り替えましたが、何故か鳴ってくれないのです。

 

サンプル回路のまま、最低限のパーツで組むとダメなのかな。

 

もっと勉強しなきゃダメみたいですね。

 

英検の二次面接試験対策もしたいので、ラジオ製作はまた少し先延ばしかな。