JXU's Blog

音楽、SDR、旅行その他の一言を‥

ツェップアンテナそ実測について

雨上がりに実測してみましたが、結論から申し上げると、全く使えないアンテナでした💦

 

地上高1.5mH、ケーブル長全く意識せず、適当な10mほどのIV線を取り付けての測定でもありました。

 

多少なりともマッチングしているだろうと淡い期待はあったのですが、広帯域でスキャンすると、波打つような波形でありました。

 

多分、高さとケーブル長を意識するとそこそこのカーブは確認できると思うのですが、外では全くダメでした。

 

ちなみに自宅内の床上なのですが、同じケーブルと電線を床転がししてアナライザにて測定すると、若干下の方にマッチングすると言う、なんだか不思議な状態でした。

 

寒くなってきて雨も降ったりだと、思うように測定もできないので、14MHzツェップの性能と言うかマッチング状況がはっきりするのはいつかなぁ

 

来週、天候状況見ながら再びチャレンジしてみたいと思います。

免許状が来ました!

やっと局免が届きました!

最初は申請内容に不備があったかな🤭とか、地震等の影響で放置?とかネガティブ妄想してましたが、まぉそこそこ早く頂けました💦

 

1.9MHzから4630KHz含む全ての周波数で免許される無線機、小さくて軽くて6Wも出せるなんて、開局した当時からすると夢のような状況!

 

久し振りに買った新品無線機ですし、早く電波発射したくウズウズ(^_^)しますしね‥

 

作った14MHzツェップもよく見るとバンド内最大SWRは3ですかね、厳しいかな。

CWとPhoneで使うけど、比較的下の方で運用するタイプの私なので、まぁなんとかなるかなって考えてます。

 

実際にエレメント繋いでの試験はしていませんから、フィールドテストを行って初めて実用有無が判断できますよね!

 

改めてアンテナの事はレポートします。

 

さてさて、運用しなきゃっ

ツェップアンテナ完成!

作るのも3度目になると結構コツがつかめてきました。

相変わらずMコネを塩ビ管に取り付ける際は若干曲がりますが、そこはご愛嬌(^_^)

 

穴あけ、コイル巻き、塩ビ管とキャップとの取り付け、脱落防止ビス取付などとバージョンアップさせながら作りました。

f:id:mnb9:20180930194331j:image

完全に固定する前の測定状況

 

f:id:mnb9:20180930194356j:image

結果は‥

13.95MHzにマッチングして、バンド内は最大SWR1.5となかなか優秀です😅

 

f:id:mnb9:20180930194508j:image

塩ビ管に収めた完成状態です

 

f:id:mnb9:20180930194356j:image

結果は変わらずです、良かったぁ

 

これで14MHzは出られるようになったけど、移動運用しかできないので動作試験は来週の3連休にやってみたいと思います。

 

つぎは21MHz用を作る予定ですが、今度はセンター周波数もバッチリバンド内に決めたいです!

久々にアンテナ作りです

この度、うん10年振りに新品無線機を購入したので、アンテナも新品!の前にツェップアンテナを作りました。

手持ちのフェライトコア、0.5mm銅線と22pF/3KV耐圧のコンデンサなどで作ります。

f:id:mnb9:20180929140751j:image

こんな感じでコアに電線を巻きます。

 

f:id:mnb9:20180929140827j:image

N-Rのコネクタとコア、コンデンサです。

 

f:id:mnb9:20180929140900j:image

文字が見えにくいけど、22pF/3kV耐圧のコンデンサです。秋葉で歩き回って探しました💦

 

f:id:mnb9:20180929153920j:image

こんな感じで仮組み

 

f:id:mnb9:20180929153953j:image

エレメント取付側と接地側とを5kΩの抵抗で短絡後、アンテナアナライザで測定します。

 

f:id:mnb9:20180929154103j:image

少しセンターが希望とズレがあるので、巻き数とコイルピッチを変更します。

巻き数は1T減らしてピッチを少しだけ詰めてみました。

 

f:id:mnb9:20180929154227j:image

結果はこの通りです。

 

f:id:mnb9:20180929154248j:image

測定中

 

f:id:mnb9:20180929154308j:image

銅線が動くとマッチングに影響があるため、グルーガンでコイルを固定しました。

 

f:id:mnb9:20180929154349j:image

誘電率に影響があるのでしょう、マッチングする周波数と帯域が変わりました。

まぁ6Wのトランシーバですし、とりあえずこれで良しとします。

 

あとは塩ビパイプに収めるだけですが、前にも作ったので直ぐにケースインできると思います。

 

これで14MHz用ツェップアンテナの心臓部は完成しました!

電子申請その後

やっとステータスが審査中になりました(^_^)

付属ホイップで聴くラジオにしては高すぎるので、早く免許状発給して欲しいです。

でも、アンテナも用意しなければならないですので、週末はツェップアンテナ作りかなぁ

ほぼ部品類も手放していたけど、ラジオ用に残していたフェライトコアもあったので、7,21MHz位は出られるようにしたいです。

最終的にはRHM8Bアンテナで運用しようとは考えています。

 

何だかんだ、通信関係が好きなのかな

 

7,14,21MHzのCWなどで、久々の運用が待ち遠しいですねー

 

電子申請liteにて

せっかく新品購入した無線機、入手した夜には電子申請しました。

既に局免もあるので、これまでの機器を撤去、取り替えで、FT-818NDのみです。

申請して実に7日間経過しましたが、現時点でデータを受け取ったのメールのみ、その後は一切動きがありません。

新スプリアス機器のみなので、何の迷いもなく許可させると考えてましたが、保証認定より時間が掛かるの?って受け止めています。

 

今週末は久々にまともに電波出してみようと考えたものの、あえなく断念です。

 

許可される頃に雪降らなきゃ良いけど、待つのって長く感じますよね。

 

ふぅ‥

新スプリアス機器のみで電子申請

この度、新品購入したFT-818NDの電子申請を行いました。

購入、手元に入手当日に電子申請し、これまで非技適のキット3台で申請していたものを、新スプリアス機器のみで申請しました。

 

すぐに承認されると思いきや、以外に時間を要しています。

自身の関係で多忙なのなかなぁ

 

買うと嬉しくて直ぐ使ってみたいのですが、ここが包括免許ではない辛さですね。

新スプリアス適用なら、包括免許制度で許可して欲しいです。

 

技適は申請するとか、何か住み分けして欲しいなって感じました。

 

VUは期待していないので、免許状を入手したら14MHz辺りで試してみようと思います。