読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JXU's Blog

音楽、無線、旅行その他の一言を‥

mcHF QRP Transceiver製作(14)

やっと不具合を確認し部品の取り付け直しを行いました。

f:id:mnb9:20170318113019j:image

それはSi570です(T . T)

20Wのコテでは外せないため、致し方なく60Wのコテを使いました。

事前に20Wのコテを使ってハンダ吸い取りし、長手方向片側に30秒位でしょうか、60Wのコテで加熱して何とか外せました。

壊れたら4000円は覚悟かなぁ

パターンも少しダメージを与えてしまいましたが、何とかつけ直しに成功です。

 

その後の液晶点灯も問題なく、ヒートシンクの過熱も当然の事ながら無くなりました。

 

ただ、Macraspberry piしか持っていないため、ブートローダーの書き込みが出来るのかできないのか‥

こちらが悩ましいですね。

 

近所の方に借りたとしても、スムーズに進められるかどうか不安もあり、この問題をどうしようかと悩んでます^_^;

 

夜な夜な酒呑みながらのハンダ付けはNGですね。

しっかり確認しながら取り付けていたつもりが、タンタルコンデンサと高価なSi570の間違えとは‥

 

今後は禁酒して製作することとします。

 

ブートローダー書込み作業等、改めて進捗をレポートしたいと思います。