JXU's Blog

音楽、無線、旅行その他の一言を‥

mcHF QRP Transceiver製作(31)

送信試験、調整のためとヒートシンク代わりに鉄板を買ってきました。

でもケースに収めたい気持ちが先立ち、結局ケースに何とか入れてみようと挑戦してみたのですが‥

 

入れると基盤側が厚みがあり、蓋ができないではありませんか。

f:id:mnb9:20170522182427j:image

 

公式サイトの写真をよく見たところ、液晶を取り付けるためのゲタ的な物が取り付けられていません。

キットには同梱されて来たのですが、どうやら私の買ったケースの寸法の問題か、それらで高さが合わなかったみたいです。

1時間程度要しましたが、パターンを壊さず綺麗にコネクタを外しました。

f:id:mnb9:20170522182055j:image

 

このあと、UIとRF基盤を重ねてケースに収めてみると、押しボタンの押し具合も良くなりました(^_^)

 

ただ、三端子レギュレータ、ファイナルのヒートシンク取り付け穴とケースの穴位置が合わず、次は各パーツを外して端子を細く加工し、モールド部分と基盤面を余り余裕をもたせず取り付けないといけないかもしれません。

作業を続けて部品を外していたのですが、電源部のパーツを外す際にパターンが剥がれました(T . T)

 

何とかジャンパー線で直して復活させたいと思います。

f:id:mnb9:20170522205126j:image

 

キットを作る際、同時にケースも購入して電源ICやファイナルの穴の位置を確認し、その後に半田付けしなければ私と同じ羽目になるかもしれませんので、お気をつけ下さいね(^_^)

 

ケース選定はV0.5と0.6に使えると有りましたが、まさかの結果でした。

 

調整までまだまだ時間が掛かりそうですorz