JXU's Blog

音楽、無線、旅行その他の一言を‥

mcHF QRP Transceiver(32)

今日こそ完成させようと試みたのですが、ビスが短いとかケース内での収まりが悪く、結局持ち越しました。

ファイナル、電源ICは端子を削って基盤との隙間を少なくし、なるべくケースオリジナルの穴を使えるよう工夫しました。

でも端子を削っている時、一本折れてしまったのでハンダ付けで復旧させてます。これは後に問題になりそうだけど、今は使えています(^_^)

f:id:mnb9:20170527164809j:image

f:id:mnb9:20170527164823j:image

f:id:mnb9:20170527164834j:image

f:id:mnb9:20170527164842j:image

ヒートシンクとして使うケースの厚みの関係で、ケースに付属のビスでは中まで届かず、ナットてま締め付けできませんでした。

ケース内でビス留め等固定ができず、面と裏のケースで基盤を挟めて固定する仕様であるため、内部の位置が悪いと押しボタンが押されたままの状態となってしまいます。

完成までもう少し頑張らなきゃ!

 

そうそう、送信回路のリレー化は正常に動きました。

 

あとはケースに入れて細かな調整で完成です(^_^)