JXU's Blog

音楽、無線、旅行その他の一言を‥

mcHF QRP Transceiver製作(44)

久し振りにmcHFトランシーバの関係をアップします。

 

以前、ファームウェアの書換えが出来ないとアップしていましたが、やっとの思いで

その環境を構築しました。

簡単ではありますが、参考情報としてアップ致します。

なお、今現在mcHFトランシーバは新しいものバージョンを考えられているのか、V0.6

以降ではキット販売されていませんね。

中国で類似品の完成品が発売されていますので、それらのファームを書き換えて使用されている方も多いようですので、何かの参考になればと思います。

 

まずは環境を構築します。

主に参考としたのは既にファームウェアを日本仕様に書き換えて使われているOMからの情報と、ネット上のEclipseに関する記述です。 Qiitaやその他のマイコン開発されている方の情報を使わせてもらいました。

 

私の環境は

Apple MacBook Pro Retina 13inch,Mid2014

2.6GHz Core i5,8GB RAM,256GB SSD

以上のマシンに開発環境(ファームウェア書換え&ビルド環境)を作ります。

 

No.1  Eclpseのダウンロードなど

  Eclipse 日本語化 | MergeDoc Project

  詳細を理解していませんが、上記サイトから"Pleiades All in one"をダウンロードし

 ます。

f:id:mnb9:20171119162532p:plain

  オレンジ色で囲んだ"Eclipse 4.7 Oxygen"をクリックします。

 

f:id:mnb9:20171119162751p:plain

  つぎは"C/C++ Mac 64bit Full Edition"をクリックしてダウンロードします。

 

  ダウンロード、展開、展開したパッケージをアプリケーションフォルダにコピーは

 説明を割愛します。

 

No.2  Eclipseプラグインの追加

  ここからはEclipseを起動して対応します。

  起動すると

  

f:id:mnb9:20171119163407p:plain

  そのまま”起動”をクリックします。

 

f:id:mnb9:20171119163539p:plain

  「ファイル」ー「インポート」を選び、次へ進みます。

 

f:id:mnb9:20171119163614p:plain

  上記の「既存プロジェクトをワークスペースへ」を選択して進みます。

 

続きは改めて‥