JXU's Blog

音楽、無線、旅行その他の一言を‥

raspberry pi zero w をSDRラジオサーバにする!

ネットを探すとたくさん情報が出てくるのですが、自分でおこなった事を備忘録としてアップします。

同じ事をおこなう事で実現できると思うのですが、自己責任で願いしますね(^_^;)

 

⑴最初にRaspberry pi ZERO Wに OSをインストール

 公式サイトから必要OSをダウンロードし、SDカードにデータを入れます。

 私はApple Pi-Bakerを使用してイメージデータを入れています。

 SDがbootという名称でマウントされますが、中に新規でsshというディレクトリを作成します。 これがないとsshで接続できません。

 

このあたりは説明を割愛いたします。

 

⑵次にMacRaspberry piを接続

 Macの共有設定を適切に行うことで、接続したRaspberry piIPアドレス

192.168.2.2を自動取得するようです。

 Macのターミナルを起動し、ssh pi@192.168.2.2 とすることでsshで接続が可能と

なります。

 この後の設定も任意でお願いします。

 私はsudo apt-get update その後、sudo apt-get upgrade、sudo rpi-updateなど、基本的な事のみ行なっております。

 そうそう、advanced optionのExpand Filesystemで拡張する事を忘れずに!

 

⑶RTL-SDRの設定

 参考にしているサイトはこちらです。

 とても詳しく記載されているので間違えることはないと思います。

 基本的にターミナル上で操作しますが、サイトのコマンドをコピペする事で簡単に実現可能です。

 不足分があるので上記サイトのコマンドを実行する前、以下のコマンド操作をおすすめいたします。(きっとRaspbian Liteだから必要なのだと思います。)

 sudo apt-get install -y git git-core

 しかし非力なraspberry pi ZERO W、オプション設定も行なってパワフルに動いてもらっています。  

 

⑷私の行なっているオプション設定

 詳しくないのでコマンドと中身だけ記述します。

 

○クロック周波数の固定

 クロック固定のツール?  sudo apt-get install -y cpufrequtils

 クロック固定のおまじない sudo cpufreq-set -g performance

 固定された状況の確認   cpufreq-info

 

○swap領域の削除

 sudo swapoff --all

 sudo apt-get purge -y --auto-remove dphys-swapfile

 sudo rm -rf /var/swap

 

wi-fiIPアドレス固定

 先ずは sudo nano /etc/network/interfaces

 ※以下を追記します。

  auto lo

 

  iface lo inet loopback

  iface eth0 inet manual

 

  auto wlan0

  allow-hotplug wlan0

  iface wlan0 inet manual

    wireless-power off

    wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

 

 次に sudo nano /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

 ※以下を記述

 

country=JP

ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev

update_config=1

network={

        ssid="********"  → ****を自身の環境(SSID)にしてください

        proto=RSN

        key_mgmt=WPA-PSK

        auth_alg=OPEN

        psk="*********"  → ****を自身の環境(パスワード)にしてください

}

 

 次に sudo nano /etc/dhcpcd.conf

 ※一番下に以下を記述

 interface wlan0

 static ip_address=192.168.***.***/24

 static routers=192.168.***.***

 static domain_name_servers=192.168.***.*** 8.8.8.8

 

これで完了です!

 

あとはGqrxでアクセスして動かしてみてくだっさい!

f:id:mnb9:20180512134440p:plain