JXU's Blog

音楽、無線、旅行その他の一言を‥

KENWOOD TS-50V入手!

キットのmcHFのみだと心細いので、中古でFT-817NDを狙っていましたが、限られた予算の中で何とかHF機を手に入れました(^_^)

f:id:mnb9:20180525113412j:image

 

アクティブに運用していたうん10年前は同100W機で運用してたのですが、TVIに悩まされたりで、その後はQRTでした。

今回は10W機で、細々と好きな7,14,21MHzで楽しむつもりと、キットの送信状態を確認するモニタ用として活用するつもりです。

 

ただ、メモリ電池が消耗している事、安定化電源のスイッチを入れるとリグの電源も同時に入ってしまう不具合がありましたので、少し手を入れる事にしました。

 

まずはメモリ用の電池交換です。

これが消耗していると設定が消えるため、都度細かな設定が求められます。

それだと意味ないので、こちらから‥

f:id:mnb9:20180525113912j:image

f:id:mnb9:20180525113926j:image

f:id:mnb9:20180525113941j:image

f:id:mnb9:20180525113953j:image

半田ごてと少々の配線等を使い、交換可能としました。

CR2032取り替えるまで、このリグも元気でいられるかなぁ

f:id:mnb9:20180525113953j:image

作業途中の写真は省きましたが、30分も掛からず終えてしまいました。

 

これで安定化電源オンでリグの電源オンも直るかな?と思ったら全く見当違いでした💦

 

海外サイトからダウンロードしたサービスマニュアルを眺めると、ファイナルユニットのリレー、それを保持させるパーツ2つが怪しいと判断しました。

ツェナーダイオードも念のため変えた方が良いかな?

 

電源問題は先送りしますが、今回の簡単な修理レポートをアップしました!