JXU's Blog

音楽、バイク、旅行、無線その他の一言を‥

raspberry piでグループウェア稼働!②

 以前、本タイトルと同じことを行なっていたのですが、その時は8080ポートの使用であり、尚且つ外部アクセスなどは全く行われていない、グループウェアの動作だけで満足していました。

 この度、raspberry pi 3B+を購入し、改めてgroupsessionを動作させて外部アクセス、さらにはSSL対応させましたので備忘録的にアップします。

 何かしらの参考になれば幸いです。

 

まずは初回でもあるので、基礎的なことから私が行なったことをお知らせします。

 

使用機器類

raspberry pi 3B+

SDメモリ(8GB)

電源はiPhoneの充電器

電源ケーブルは適当に100円ショップのもの

OSはraspbian Buster

 

以上です。

 

それでは実際に行なったコマンド関係を記述します。

 

起動させてSSHログイン、これらは他サイトで詳しく紹介されているので割愛します。

raspi-configの設定など、初期設定はご自身でお願いします。

 

sudo apt-get update

sudo apt-get upgrade

sudo swapoff --all

sudo apt-get purge -y --auto-remove dphys-swapfile

sudo rm -rf /var/swap

sudo iwconfig wlan0 power off

 

次はjavaです。

javaはライセンスが必要になったのでしょうか。

ネットで調べてopenjdkを使うと良いとコメントを見つけ、インストールしました。

ただ、groupsessionはopenjdk11は使えないとあったので、最新版をインストールしました。

sudo apt-get install -y debian-keyring debian-archive-keyring

sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys 04EE7237B7D453EC

sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys 648ACFD622F3D138

sudo apt-get install -y openjdk-13-jdk

 

これでopenjdk13はインストールできました。

 

次はtomcat9です。

こちらを参考にいたしました、ありがとうございました。

 

セキュリティ設定は、こちらを参考に設定しました。

ありがとうございました。

 

cd /user/local

sudo wget http://www-us.apache.org/dist/tomcat/tomcat-9/v9.0.26/bin/apache-tomcat-9.0.26.tar.gz

 

sudo tar xzf apache-tomcat-9.0.26.tar.gz

sudo mv apache-tomcat9.0.26 tomcat9

 

sudo nano /usr/local/tomcat9/conf/tomcat-users.xml

こちらを編集します。 でも、編集してユーザを増やさなくてもグループウェアは動くと思います。

 

sudo nano ./webapps/manager/META-INF/context.xml

こちらは、セキュリティ設定のようです。

tomcat9の管理画面を見られるセグメントを制限することで、セキュリティを高めて

いるものと感じています。

 

sudo nano /etc/profile.d/tomcat9.sh

記述する内容は上記リンク先を参照し、適切にパスなどを修正してください。

 

その後、tomcatの設定を反映?させるためかな、以下のコマンドを実行します。

pathを通すってやつですかね

 

export CATALINA_HOME="/usr/local/tomcat9"

export JAVA_HOME="/usr/lib/jvm/java-13-openjdk-armhf"

export JRE_HOME="/usr/lib/jvm/java-13-openjdk-armhf/bin/java"

 

これらの2、3行目は"ls -l"コマンド+αでpath確認ができますね。

例 ls -l /※jdkのインストールパス

 

sudo ./bin/startup.sh

 

sudo ./shutdown.sh

 

一旦、これで記述を終えます。

openjdkのインストール、tomcat9のインストールを進めて、ここまでとします。

お試しはhttp://localhost:8080またはraspberry piのアドレス:8080にアクセスして、tomcat画面が出るとインストールは成功ですね。

f:id:mnb9:20191103142946p:plain

tomcat9画面です

 

記述していない参考サイトは一番最後のコメントまとめてに記載したいと思います。

 

次の更新時、nginxとtomcat連携、その後にSSL対応の内容をコメントしたいと思います。

 

ただ、私は専門家ではないため、これら設定を行う事で発生するハードウェア、ソフトウェア、セキュリティ問題、その他全ては自己責任でお願いします。

 

あくまでも、フリーで使えるグループウェアを気軽に外部アクセスして効率化を図れるよう、ど素人が行なった設定を公開していることをご理解くださいね。